情報通信工学部門では、光電磁からワイヤレス、ネットワーク、メディアに至るまで、最先端の情報通信技術を総合的に学べる教育プログラムを用意しています。

- 情報通信工学コース 博士前期課程(修士)の講義情報 -

授業科目【担当教員】 授業内容



電気電子情報工学セミナー
 【全教員】
所属する各研究室において、当該コース分野の研究・技術に関する最新の専門的課題についての調査・発表や討論、各自の研究テーマや研究推進に関する討論、あるいは、学会発表を通じた研究成果の発表や討論、インターンシップを通じ外部の研究者や技術者との意見交換、並びに学術誌等への論文投稿を行うことなどにより、研究推進のために必要な基礎的事項を修得させるとともに広い視野を涵養させる。
電気電子情報工学演習・実習
 【全教員】
当該コースの第一選択科目(フォトニックネットワーク工学、ワイヤレスネットワーク工学、マルチメディア信号解析、環境電磁工学、通信ネットワーク工学、通信理論、電磁波論、データマイニング工学)について演習・実習を行う。異分野からの入学者や社会人入学者には、専用のプログラムが用意されている。





フォトニックネットワーク工学
 【北山研一教授】
先ずフォトニックネットワークの物理レイヤを支える波長多重分割伝送技術を論じる。次にネットワークにおけるスイッチング技術について、波長ルーチングに基づく光パススイッチング、光バーストスイッチング、光パケットスイッチングを論じる。最後にアクセス系のFTTH(Fiber-To-The-Home)の各種方式を論じる。
マルチメディア信号解析
 【馬場口登教授】
 【新田直子講師】
画像・映像等のマルチメディア信号に対する解析技術について講義する。具体的には画像・映像に対する基礎的な処理技術、及び解析に必要なパターン認識の基礎理論を、適宜演習を交え習得する。
環境電磁工学
 【牛尾知雄准教授】
電磁理論および電磁波工学を基礎として、主に応用に関する電波応用工学について論じる。特に,環境電磁工学において重要となる電波の放射、アンテナ理論、アレーアンテナ等に重点を置き、環境電磁工学の基礎から応用まで理解を深める。
コンピュータネットワーク
 【松田崇弘准教授】
コンピュータネットワークで用いられるネットワークプロトコルのプロトコル階層について講義する。特に、各階層の役割や階層間の相互影響などの観点を重視し、複雑な動作を行う各階層のプロトコルが協調することで、どのようにコンピュータネットワークを用いた通信が成り立っているかという点を習得する。また、インターネットプロトコルであるTCP/IPを例にとり、実際のコンピュータネットワークプロトコルについても解説する。
通信理論
 【衣斐信介准教授】
通信システムを構築する上で基本要素となる「信号検出論」、「符号理論」、「情報理論」に関する講義を行う。急速に高度化する情報通信社会における通信トラフィック増大に対し、通信の物理層の観点から柔軟に対応するためには、送受信の一対一通信ではなく、多対多通信への展開が望ましい。その展開の理論的背景を「多次元信号処理」の視点から体系立てて解説する。
光電波伝送工学
 【井上恭教授】
光通信システムの基本項目である光信号のファイバー伝搬特性について述べる。具体的には、光ファイバの分散、光増幅器、ファイバ中の光非線形現象、など。
データマイニング工学
 【鷲尾隆教授】
 【清水昌平准教授】
 【河原吉伸准教授】
大量データから有益な知識を発見するデータマイニング技術を講義する。始めに、本技術が社会的にどのような意義を持ち、どのような場面で役立てることができるかを論じる。次に基礎となる統計解析、機械学習、データ探索の理論につき解説する。次に、実問題適用事例を紹介し、実応用の留意点、得られる効果などを論じる。また、授業出席とレポート提出を通じ、学生が主体的に学習に取り組める環境を提供する。





通信トラヒック工学
 【滝根哲哉教授】
即時系に対する通信トラヒック理論について講義する。確率論に関する若干の準備の後、連続時間マルコフ連鎖の諸特性、可逆性ならびに順可逆性について概説した後、対称な待ち行列の定義とその性質について述べる。これらの結果を踏まえて、アーラン即時モデル、資源共有モデル、呼損網など即時系に対する通信トラヒック理論を解説する。
適応信号処理
 【三瓶政一教授】
雑音に埋もれた信号を高精度に検出し、また推定・判定する理論を講義する。具体的には、ウィーナーのフィルタ理論、線形自乗推定と直交原理、カルマンフィルタ理論、ターボ等化について線形代数学に基礎を置いて論じる。
メディア・セキュリティ
 【馬場口登教授】
情報セキュリティはさまざまな観点から捉えられるが、マルチメディアコンテンツのネットワーク上での流通におけるセキュリティ技術という観点に基づき講義する。具体的には、鍵方式、ディジタル権利管理、情報ハイディング技術(ステガノグラフィ、電子透かし)、ならびに画像・音声・映像・文書への応用について述べる。
移動体通信工学
 【三瓶政一教授】
移動体通信システムを構築する上で最大の障害となる移動通信伝搬路の特性、移動通信伝搬路経由で信号を伝送した場合の伝送特性、回線設計法、およびセルラーシステムのセル構成技術に関する講義を行う。
量子光工学
 【井上恭教授】
光の量子的性質について講述する。まず、光の最小エネルギー単位である光子について述べた後、光を量子力学的に取り扱う定式的手法を導入する。それを使い、光子の集団に現われる量子性(量子雑音、自然放出)、及び1光子状態の持つ量子性(重ね合わせ状態、量子もつれ、量子干渉)について述べる。
電波計測
 【牛尾知雄准教授】
電磁波工学を基礎として、主に応用に関する電波応用工学について論じる。電波計測において重要となる電磁波の散乱および吸収理論に重点を置き、電磁波の散乱現象、レーダリモートセンシングについて理解を深めることを目的とする。また、本講義の後半においては洋書を読み込む。
知的情報処理論
 【駒谷和範教授】
 【古崎晃司准教授】
知的な計算機を実現するために必要となる人工知能技術について学ぶ。特に、パターン認識や知識工学および、これらの発展にあたる音声認識や対話システム、オントロジー工学やセマンティックウェブについて論じる。
(C) All Rights Reserved Graduate School of Engineering Osaka University
Division of Electrical, Electronic and Information Engineering, Department of Information and Communications Technology
webmaster comm.eng.osaka-u.ac.jp